Click for San Jose, California Forecast

スタッフ記(Not Yamaya)
  06/01 全米で暴動発生中
  05/26 フェーズ2で外出する人が増加
  05/20 フェーズ2始動
  05/14 外出禁止中でのバス利用
  05/10 カリフォルニアリオープニング第2弾
  05/04 スターウォーズの日
  05/02 徐々にリオープニング
  04/28 外出禁止令は5月末まで延長へ
  

2020年06月01日(Monday)全米で暴動発生中

 サンノゼは週末は曇っていましたが,今日から快晴が広がっています。金曜日はかなり強い風が吹きつけ, それまでの酷暑から一転,雲も広がり涼しめな週末となりました。
 さて,数日前から全米の都市で暴動が発生しています。もとは先週の月曜日(25日)の夕方8時過ぎ(この時期のこの時刻はまだ明るい),ミネソタ州のミネアポリスで,George Floydという黒人が 警官の暴力的な行為により死亡したことに端を発しています。現場近くの監視カメラの映像や,事件を目撃した人の映像をまとめた動画を見ると, まず,Floydがコンビニで$20の偽札(の疑い)でたばこを購入し車に戻りました。偽札に気付いた店員二人が車に乗っていたFloydにたばこの返却を要求したところ, Floydは拒否し,この店員たちを追っ払いました。また,Floydはひどく酔っておりコントロール不能状態だったとのこと。そこで,コンビニ店員が通報。
 警官が駆け付け,Floydは銃を突き付けられ,ほとんど抵抗もなく案外あっさりと手錠をかけられ逮捕されました。その後,警察車両の後部座席に乗せられました。 そこに2台の応援のパトカーも駆けつけ,一気に警官が数的優位に。Floydは後部座席で抵抗したのか何らかのやり取りがあって, 後部座席から車外に出ることになりました。出たところを警官4人に押さえつけられました。そのうちの一人の警官がFloydの首を膝で押さえつける状態になりました。 Floydは息ができないと何度も何度も訴えるも,その警官は無視し状態を維持。起き上がって車に乗れと言いながら彼の首の部分を離さない訳です。 そのうちFloydはぐったりして,動かなくなります。見かねた市民は警官に「殺す気なのか」,「脈をチェックしろ」と罵声を浴びせますが, 警官は圧迫したまま。かの警官は救急車の救急隊員が対応するまでの間,膝で首を圧迫し続けました。 膝を離した時にはFloydは応答しない状態になっており(既に自発的に動けず心肺停止状態のように見える),結局,Floydは死亡しました。 Floydの首を圧迫し続けた警官は,実は市民からのクレームが多い問題のある警官であることが明らかになり, 彼の行動の異常さは映像からも明らかでした。後に彼は逮捕されています。また,映像からは首の圧迫による窒息死が 濃厚なのに,警察発表による死因は既往症があったことによるものだとしたのです。ということは,偽札を使った,ひどく酔っていたなど どこまでが真実なのか疑わしくも思えますし,何かかの警官との過去のいきさつとかがあるのかもしれません。
 この顛末を撮影した映像が拡散し,大問題に発展しました。そして,黒人の差別に焦点が移ります。抗議活動が広がり, ミネアポリスの警察署が襲われたり,市中の警官,パトカーが襲われたり,店が襲撃されたりとだんだん抗議活動が過激に暴徒化して行きました。 抗議活動の裏で,まったく関係のない略奪が広がり,治安が脅かされる状態に・・・。 抗議活動は全米に広がり,手を付けられなくなって,州兵が治安維持をしなければならない状況になるところが増加しています。
 遠くミネソタで起こった事件ですが,ベイエリアでも抗議活動が広がりを見せています。しかし,抗議活動もさることながら,落書きから始まり,火をつける,ガラスを割るなど街を 危険な状態に陥れています。さらには,OaklandやWalnut Creekなどでは宝石店,デパート,雑貨店,Apple Storeなど 盗難事件が次々と発生しています。 結局,差別に抗議することとは全く別次元の社会混乱を引き起こしているわけです。こうした,隙あらば悪事を 働こうとする悪い思いは,いくら新型コロナで失業などで厳しい状況下で不満がたまっていることを考慮してもまったく理解できません。
 ところで,今回のきっかけとなったGeorge Floydは46歳で,テキサス州ヒューストン出身。数年前にミネアポリスに来たらしく,レストラン(ナイトクラブ)で用心棒をやっていたとのこと。 しかし,新型コロナの影響で失職し,今回の事件の被害者となりました。そして,多くの人の不満を爆発させる発端となりました。 平和に見えた社会が一挙に無秩序な状態に陥る危険性を明らかにしました。 これもまた,新型コロナが引き起こした被害と言えるのかもしれません。

 なお,メンテナンスなどで予告なく停止することがあります。ご了承ください。


 © Just Skill, Inc All rights reserved.Just Skill スタッフにより記述(山谷ではありません)