Click for San Jose, California Forecast

スタッフ記(Not Yamaya)
  01/13 グランドキャニオンハイキング
  01/10 グランドキャニオンの初日の出
  12/30 今年の週末ランニングの総括
  12/26 クリスマスのショッピングセンター
  12/22 雨のち虹
  12/15 ブルームバーグの広告
  12/08 夜のクリスマスツリー売り場
  12/01 雨のサンクスギビングの週末
  

2020年01月13日(Monday)グランドキャニオンハイキング

 サンノゼは雲はいくらかあるものの快晴です。昨夜は軽い雨があった模様。いつもの冬の感じです。日没は順調に遅くなっています。 現在はまっ暗くなるのが6時近くになってきました。最も日没が早かったころから30分以上も遅くなっています。
 さて,途中で引き返したグランドキャニオンのハイキングですが,風邪の症状はあるものの,意外に体は大丈夫。 上ってみるとまだ,時間は昼前でたっぷり時間があります。写真の上の2枚が,こちらのルートのものです。結構,きつそうなのが わかってもらえると思います。
 そういえば,過去のグランドキャニオン訪問では, 日の出を見てからそのまま歩き始めて,日暮れまで歩き通しだったので,ビジターセンターやギフトショップには まともに立ち寄ったことがありませんでした。今回は思わず時間ができたので,立ち寄って,説明の映画をみたり,ギフトショップを 覗いたりして時間をつぶしました。が,やっぱりこれだけでは物足りません。ということで,今度は距離は長いがきつさが軽いほうのルートを下って,途中で折り返してくることにしました。
 グランドキャニオン内では無料バスが運行しているので,これを使ってもう一つのルートの入り口まで向かいました。 まぁ,歩いてもよいのですが,歩くと1時間ほどかかるのでここは時間の節約と楽をすることにしました。
 時刻は午後1時。真っ暗になるのが5時半過ぎなので,4時間半ほど時間があります。下りを1時間,休憩30分,折り返して上りを最悪3時間。 この線で歩き始めました。こちらのルートは写真の下2枚です。勾配は緩やかですが,スイッチバックの距離が長いルートです。
 こちらも雪が残っているので,足場が悪く,ときたま氷状態なので,時折,足を取られてしまいます。案の定,気を付けていたつもりでしたが, 氷に滑って尾てい骨を直撃。しばし,悶絶。まぁ,歩くには支障ないものの,周辺を触ると痛みが走ります(その後,2週間近く経過した未だに 痛みがあります)。さらに気を付けて歩みを進めます。
 そんな足場の悪さと格闘して1時間。緩やかな勾配なので,歩みはかなり速かったようで,だいたい半分くらい下ったところまで到達しました。でも,軽いめまいを感じるようになったので, 無理しないで,引き返すことにします。まずは休憩です。昼食の残りを食べ,さぁ,ここから折り返し。上りだけの道への挑戦です。速足だとすぐにばててしまうので, ゆっくり目に歩みを進めて行きます。上りの場合には滑らないので下りよりもむしろ歩きやすいくらい。 意外に時間はかからず1時間半で登山口まで到着できましたが,決して楽だったわけではなく,息を切らしつつようやく到達できたっていう感じでした。ふくらはぎはパンパンで足はかなり疲労した感じでした。 この日は4万歩以上を歩いていましたからね。無事歩き終えた安堵感と達成感はいいものです。
 今回のハイキングは谷底まで降りれず,心残りはありましたが,素晴らしい景色の中,歩き回れた充実感はやはり格別なものがありました。 ということで,夕暮れ前にグランドキャニオンを後にしたのでした。

 なお,メンテナンスなどで予告なく停止することがあります。ご了承ください。


 © 2015 Just Skill, Inc All rights reserved.Just Skill スタッフにより記述(山谷ではありません)